大川山 秋深し 2004/10/11
HOME Link1 Link2 Link3 Link4

天気予報では、秋晴れの良い天気になるはず。

朝起きると久しぶりの青空が、奥の池の湖面に映っている。

やっと念願の天狗塚に行けると思ったが、家内の同意が得られない。
紅葉の綺麗な時期までお預けとの事。

しかたなく、手頃な大川山に登る事にする。



琴南の、野口登山口まで来るとお祭りの真っ最中。



可愛い子供が太鼓を叩いて踊っている。
獅子舞も、元気良くはね回っている。

しばらく見とれてしまった。

御神輿は、国道の真ん中を堂々と練り歩いている。

御神酒の入った御神輿にかなう車はない。

いつもの公民館に駐車



旧だいせんみちの、丁石は草木に隠れていたのだが、すっぱりと切られていた。
後ろにちゃっかりと、看板が設置されている。



鳥居をくぐり、林道を行く。
目前の大川山は、またしても厚い雲に覆われている。
早朝の快晴は何だったんだ。
昨日の豪雨が思い出されて不安になる。



農家の柚がもう色付き始めている。
だいせんみちに入った途端、初めて見る花に出会った。
昨日見たミヤマクルマバナなどより、かなり大きな花だ。

シオガマギクとは、かなりイメージが違うけど、コシオガマギクだと教えていただいた。



ヤマハッカが、登山道を埋め尽くすぐらい咲いている。
また林道歩きとなる。
コマツナギは殆ど散ってしまって、かろうじて少しばかり咲いている。



通行止め(11月まで)の手前からアキチョウジやイヌホウズキが咲いている山道に入る。

先月来た時は暑さのため、ここら辺で休憩したが、今日は涼しい風が吹いてさほど疲れない。



途中何回も林道を、横断して登っていく。
皆野からの林道を車が何台もやってくる。
車を停めて、励ましてくれる人もいる。

山道の草花は、殆ど終わってしまって、シラヤマギクが少しばかり咲いているだけだ。

あれほど咲いていた、ヤマジノホトトギスもキンミズヒキも、消えてしまった。
キンミズヒキの実はは、ひっつき虫となって、裾に一杯ひっついている。



最後の車道を越えて、神社までブナとカエデの林を登っていく。
もう紅葉が始まっている。



神社下に一杯咲いていた、シコクママコナも殆ど消えてしまった。
最後に残ったママコナ。
いつも二輪そろって咲いている。



一寸不気味なトリカブトが口を開いていた。
いつも口を閉じているので、花の中を見るのは初めてだ。



台風で、通行出来なくなっていた神社横を行くと、イヌタデが群生している。



カメラが広角28oになったので、神社全景をパチリ。



神社から下って、展望台へ。
展望台下の樹木にピンクの花が咲いている。
ガスっている中でひときわ鮮やかだ。



剣山方向を見ると、雲の下にかろうじて日がさしている。
あの雲の向こうの、三嶺のあたりは天気はどうなんだろう。
エントツ山さんの三嶺同窓会は、天気に恵まれているのだろうか?

竜王山方向は、完全にガスの中。

誰も来ないので此処で昼食タイム。
少し寒いくらいの風が通る。
熱いコーヒーが美味しい。

寒くなったので、汗をかいたシャツを着替えて下山する事にする。
(ゆっくりしたいが、昨日のように天候急変豪雨はお断りだ)



左はリュウノウギク
右はおなじみシラヤマギク
と思ったが、どうもイナカギクらしい。
見分けるのは私にはとても難しい。



ノコンギクの紫が鮮やかだ。
この右の花は茎が赤いのでシラヤマギク?



ハギの花も、みんな実になってしまっている。
ノリウツギが、最後の綺麗な花を咲かせている。
白い装飾花が豪華だ。



こりゃ何だ!
オヤマボクチと似てると思ったが、何ともかわいらしい。
ハバヤマボクチかも知れない?
下の大きな葉っぱを見ないと、判断出来ない。
写真は10枚近く撮っているが、茎が長いため、下の葉っぱを写していない。
大失敗。
蘭ちゃん先生の「野草は葉が決め手」の戒めを忘れていた。

誰か、見に行って教えてください。
管理棟から下へ降りていった所です。



寂しく二輪だけ咲いていたシコクママコナともしばらくのお別れ。
来年またお会いしましょう。

右は、ヤマハッカに似ている花だけど、葉っぱが違う花。
ミヤマヒキオコシかな?
葉っぱから判断して、タカクマヒキオコシとしよう。



ダイコンソウのようだが、丸い葉っぱ。この黄色い花は何だろう?

東の展望台によると、やはりガスが立ちこめている。
かろうじて満濃池が見えるだけ。



諦めて、山道をどんど下ると、中腹あたりで突然青空が見える。
なんだこれは?
大川山山頂だけガスっていたのか??

中央、笠形山。左奥、前田山。

車道に出てノンビリ帰る。



車道脇に咲いていた、シロシキブの白い実がとてもさわやかに見える。
まるでチャイナマーブルみたい。



元気なヤクシソウ、けなげに咲いているね。



振り返ると大川山の頂上もガスは消えていた。

真っ赤な実は、何だろう?
トキリマメの実だと思うが、タンキリマメかも知れない?
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO