本門寺の丘便り  2005/04/15
 
HOME Link1 Link2 Link3 Link4

東京に越してきてから丁度一週間

所用のついでに、本門寺の近辺を散策する。

この辺りは、蓬莱坂、汐見坂等の沢山の坂があり、私の住居はその丁度一番高い所にある。

桜はもう殆どが葉桜となっているが、坂の至る所に立派な樹がある事に驚かされる。

来年は、ゆっくりと楽しむ事が出来るだろうか?

この辺りの住宅は、とてもしゃれた家が多く、庭木がよく手入れされている。

歩いていると色々な彩りの花が目を楽しませてくれる。



可愛いピンクの花(これもヒメリンゴかな?)と、黄色が鮮やかなヤマブキの花。



ドウダンツツジの様な花とヒメリンゴの花。
ヒメリンゴの花は多くの家で咲いていて甘い香りが漂っていた。。



この花は何だろう?



本殿



経蔵と三門

池上本門寺は日蓮上人入滅の霊場でもあり、とても立派だ。
境内は桜の大木が沢山あるが、残念な事に盛りは過ぎている。



旧国宝指定の五重塔は関東では一番古いものらしい。

五重塔には桜がよく似合う。



ハナミズキが街角に咲き誇っている。



本門寺の総門を出て門前町を歩く。



イモ?カタバミが鮮やかに咲いている。



門前通りに「利休梅」マルバヤナギザクラが満開。




小さなお寺がいくつか有るが、庭はとても綺麗に手入れされていてボタンの蕾が一杯。
ツツジも咲き始めていた。



ジャスミンが満開だが徳島の家のジャスミンも今年は沢山ツボミを付けていた。
今頃はきれいに咲いている事だろう。

右のピンクの花は不明。



不景気が何処吹く風と、家があちこちで建てられている。

近くの公園では、驚くほど多くの子供がお母さん達に連れられて遊びに来ている。
お年寄りがベンチで夕焼け小焼けの曲をハーモニカで吹いている。
子供達が、まあるく輪になって、ハーモニカを聞いている。



家は新しいのに、樹木は古木が多い。

家を建て直す時に、そのまま大事に残したのだろう。



池上の駅前で買い物をし、とても豪華なマンションの横から我が家に帰る。

野の山は楽しめないが、庭の花でも季節を感じる事は出来る。

朝夕の散歩が楽しみだ。

HOME
 
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO