池上梅林 2006/02/19

− 暖かい日差しに誘われて咲き始めの梅の香を楽しむ −

歩いて、10分ほどの池上梅園に梅を見に出かける。

池上梅園は、本門寺の隣にあり、元は個人の庭園であったが大田区に寄贈されたもの。

戦前までは、日本画家伊藤深水氏の自宅兼アトリエで「月白山荘」と呼ばれていたが、戦災で消失。

戦後築地の料亭経営者小倉氏が別亭として使用していた。

その後、東京都に譲渡され、現在は大田区に移管され、大田区の区花である梅の花370本個が植えられている。









梅は未だ満開にはほど遠い状況だが、園内には甘い香りが漂っている。



うぐいすが沢山居たが、ヒヨドリが来たのでみんな居なくなってしまった。



園内には、茶室が大小3軒ほど有り、茶席が設けられていた。



珍しい別建てになっている便所と内部。





福寿草も咲いていた。



梅園の入り口の屋台のお菓子屋さん。

中には梅のみの砂糖漬け?が入っていて甘酸っぱくて美味しい。



帰りに本門寺によると階段で高校生がトレーニング。

本堂の瓦屋根の吹き替え工事は、もう殆ど完了していた。

立派な瓦屋根だ。



境内で、焼き煎餅を食べる。

タレに付けてさっと焼いた煎餅はとても香ばしい。

沈丁花のつぼみがほころびかけていた。

もう春は近い。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO