南高尾山稜 大洞山 草戸山 2006/01/29

− 東京近郊の里山、低山だけど舐めたらあかん −

出張疲れで昨日はゆっくりと静養をした。

先週肉離れを起こした左足のふくらはぎも、一寸違和感は残るものの痛みはない。

奥多摩の山々は未だ雪が残っている様だ。

今日は楽な里山歩きをしようと計画する。

年明けに登った北高尾山稜よりも、「比較にならない位楽な尾根歩き」と

紹介されている南高尾山稜を歩く事にする。

何しろ一番高い大洞山でも536m。リハビリには丁度手頃だろうと考えた。

いつもの7時発の京王線に乗ろうと新宿駅に来ると、前回の北高尾の時にもお会いした

老夫婦にまたお会いする。よほど高尾が気に入っておられるのだろう。

先週日曜日にも登られていて、新雪の中を歩いて感動したと言っておられた。

私達も、先週巣鴨なんかに行かずに、高尾に登れば良かったかなと、一寸後悔する。



8時前の高尾野駅は閑散としている。

子供達もやる気満々。



8時3分、いつもの稲荷山コースから登り始める。



登山道は凍っているが、沢山の人が歩いている為、泥が混じっているので滑りにくくなっている。

それでも、アイススケートリンクの様に、手すりに掴まったまま登れなくなっているお年よりもいた。



しばらく登ると雪は消えて快調に登る。

八王子のよく見える展望所で休憩。

ふくらはぎも、異常はない。



急階段手前の休憩所も人影はない。



木々の間から富士山が覗いている。

この時間に見る富士山は本当に綺麗だ。



頂上は素通りして、モミジ茶屋に来ると閉店していた。

もみじ茶屋から坂を下ると、富士の眺望ポイントに着く。

丹沢の蛭ヶ岳を始めとする山稜には雲がかかっている。

この冬は、丹沢には沢山の雪が降っている様だ。



流石、高尾で最高の富士見ポイント。

左の大室山と右の御正体山に囲まれた富士の姿はいつ見ても素晴らしい。



急な階段を下りるが、適度に雪が締まって、そう危険な事はない。

降りきった所に、大垂水峠へ下る分岐点。

ここから「学習の道」を経由して、大垂水峠には30分ほどで降りられるそうだ。

足の具合によっては、此処から降りるつもりだったが、違和感も消えているので、

とりあえず一丁平まで足をのばす事にする。



日影になっている為か、残雪が多い。

今年初めての雪山登り?の感触を楽しみながら登って行く。



一丁平で記念撮影してから此処から大垂水峠に降りるか、小仏城山まで行くか思案する。

此処からも富士がよく見える。

此処には立派なトイレがあり家内は利用したが、私は写真に夢中でころっと忘れていた。

これが後から、悲劇を生む事に...



何となく体調がよい様な気がして、せっかくだからと小仏城山まで登って行く。

頂上は、雪が解けてドロドロ。

登山靴はグチョグチョ。

殆ど登山客は居ない。

いつもは混んでいて気が付かなかった三角点発見。

670.3m

10時13分着。



相模湖の向こうに富士がどっしりとそびえている。

今日は何処へ行っても富士山の大サービス付き。

時間は早いが、おでん500円とナメコ汁250円を堪能する。



今日は、若夫婦だけ出店を切り盛りしている。

突然電話が鳴った。

ピンクの公衆電話が設置してあった。



山芋400円やムカゴ500円を販売していた。

ムカゴを買いたかったが、料理の仕方を知らないと却下される。

記念撮影してから、元来た道を少し引き返し、大垂水峠へと下山開始。

10時33分。



雪解けで泥が登山靴にくっつきとても歩きにくい。

相模湖の眺望ポイントを過ぎて下っていく。



しばらくすると雪が深くなる。所々に立派な休憩所がある。

小動物の足跡がクッキリ。



笹がとても感じよい道が現れる。

途中でつづら折れの急な坂道となる。

雪と泥で滑りそうになるのを慎重に下っていく。

沢沿いとなり、登山道は狭くなって緊張度が増す。

この赤い実はツルウメモドキかなあ?



車の音が大きくなって甲州街道に飛び出す。



11時19分。大垂水峠着。

左に行くと、学習の道からの下山道がある。

一旦上に上がって、陸橋を渡る。



細いけれど、良く整備された道を行く。



雪が多くなった山道は、結構キツい。



左に先ほど降りてきた小仏城山の山頂が見える。

山頂直下の凍った急坂を登ると大洞山山頂

11時50分着。

10人ほど休憩していた。



鹿の皮をお尻に付けた登山者が居た。

昔はこういうスタイルをよく見たなあ。



コーヒーブレイクをして直ぐ出発。

大洞山からは下り一方と思っていたが、かなり下って直ぐにまた登り返す。

何でやねんと、頑張って登ると三角点があった。

此処がコンピラ山らしい。



変な平べったいベンチが並べられている。

また下って、登りにさしかかる所に巻き道との表示。

とにかく真っ直ぐ行く事に。



ところがこの登りがキツイ。

一つ登ってまた登りがある。

左に小高い岩場があり山頂との標識がある。

12時19分



何の山頂か書いていない。なんやねん!解らんのなら書くなよなあ?

とりあえず山頂?の大きな境界表示石のある岩場で、昼食にする。

おにぎりを一個食べた所でお腹が痛くなる。

これはマズい。早々に下山を開始する。

キツイ下り坂を下りきると先ほどの巻きみちと出会う。

12時34分此処が中沢峠



小さなピークを越えながらドンドン下っていくと益々お腹が痛くなってくる。

おまけに膝まで痛くなってきた。

電力線の鉄塔あたりで、陰に隠れて何とか?と思ったが、急に登山者が多くなってきた。

MTBもガンガンやってくる。

我慢して行くしかない。



中沢山の標識から引き返す様に登ると、頂上には聖観世音菩薩の立派な石像が建っていた。



また元の道に戻って下っていくと左へと曲がる。



中沢山分岐から10分ほどで、突然視界が開け津久井湖が眼下に美しく輝いている。

その向こうには富士山の姿も見えるが、写真には写っていない。

ベンチがあって、大勢が休んでいる。



少し休んで出発。

道端には、ヤブコウジやジャノヒゲが実を付けている。

此処のジャノヒゲは実が大きくて立派だ。



西山峠はいつの間にか通過してしまった。

巻き道はあるが、山頂を逃すとシャクなので真っ直ぐ行く。

踏ん張って登ると、泰光寺山。

13時25分

立派な休憩所がある。

可愛い室内犬を遊ばせている大きな体の男性が居た。

ここから、犬連れの登山者に何人かで会う。



手作りの丸太で作った椅子が所々に置いてある。

なだらかな広い道になり、辛い坂もやっと終わりかなあと安堵する。



広場に出ると此処が三沢峠。

13時44分着。

此処にも立派な休憩所がある。

しばらく休憩して、膝に軟膏を塗り込み、マッサージをする。

ここから左へ下れば、3qで梅の木平に出て高尾山口に帰る事が出来る。

家内には、お腹が痛い事も、膝が痛い事も未だ言っていない。

地図で見ると距離も大した差はない様なので、当初の予定通り草戸山経由で帰る事にする。



真っ直ぐに少し登ると榎窪山。

榎窪山を下ると、道が迷走していて解りにくい。

林道も走っている。

広い道を行く。



ふれあい休憩所に着く。

城山湖が見えるが灌木が茂って見晴らしは良くない。



急な階段を下っては、また下る。

転がり落ちる様な階段横の坂を、駆け下りる年輩のご夫婦が居た。

途中でいよいよ膝が悲鳴を上げだした。

ひざが曲がらなくなり、階段を下りると痛みが走りだした。

急坂が終わると一寸したピークに立派な見晴台がある。

14時15分


都心方向はよく見えるが、肝心の城山湖は樹木が邪魔をして見えない。



草戸山の看板は見あたらないが、此処が草戸山らしい。

トイレを探すが此処にもない。

こんな立派な休憩所や展望台があるのにトイレがないとは...

高尾駅まで3.8q50分の看板がある。

3.8q50分は、速いペースだなあ..きっと此処からは下りが続くのだろうと楽な気持ちになる。

山の神にお詣りして先を急ぐ。

14時23分。



左上に高尾山の山頂がクッキリと見える。

下りだけの筈なのに、またピークを二つほど登った所が草戸峠。



ぐちょぐちょで滑りやすい急坂を、膝をかばいながら下っていくとまた上り坂。



ここで家内のペースがガクンと落ちた。

私はとっくに、限界に来ている。



350mから300mの標高の尾根道を幾度登って下ったか..

後でガイドブックを良く読むと20以上のピークがあったらしい。



疲れていない時なら気持ちの良い尾根歩きだと思うが、疲れた足にはキツイ登りと下りが繰り返される。

忍の一字で歩いていくと、やっと四辻に出て左へと下る。

凍った雪道を踏ん張りの効かない足をかばいながら行くと、やっと目の前に高尾山口の駅が見えてきた。



やっと着いたという安堵感が広がる。

現金なものでお腹の痛みも治まってきた。

16時10分高尾山口駅に着く。

なんと!!草戸山から50分の所を1時間50分ほどかかっている。

駅に駆け込み、トイレに走りホッと息を付く。

急にお腹がすいてきて、肉まんとあんまんとビールを購入して、駅のホームでほおばる。

暖かい電車で一眠りして気がつくと新宿に着いていた。

しかしこれからが大変。京王線の階段、山手線の階段、地下鉄の階段を手すりに掴まりながら

やっと上り下りして最後に自宅までの坂道を上って、今日のリハビリ苦行の山歩きは終了した。

トイレは必ず早めに済ましておく事。

残雪の山は、膝に余計に負担がかかる事など教訓の多い山歩きだった。



総歩行距離約 17.5q

累計標高差 ±1303m
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO