入笠山  1956m  2003/8/5
 
HOME 里山情報メニュー
今日は信州軟弱花の山巡りの最終日。
八ヶ岳山麓富士見高原の朝はさわやかだ。



登山も四日になると少し疲れが残っている。
今日は、花の山として名高い入笠山に登る予定だ。
本来なら麓(富士見町の駅前で標高950m)から登ると楽しいのだろうが、車で上の駐車場まで行く事にする。
中央高速の諏訪南インターの南側を潜り、車道を行くとスキー場のゴンドラ山頂駅からの道にぶつかり
左折すると、マナスル山荘前の駐車場に着く。朝早いというのにすでに駐車場は一杯だ。



駐車場から登山道にはいると、コバギボウシ、ヤナギランが沢山出迎えてくれる。



ヨツバヒヨドリ                         ウツボグサ



カワラナデシコ                           シモツケ

花々を楽しみながら行くと、30分足らずで頂上に着く。
頂上は360度遮る物はない。
八ヶ岳連峰から、南アルプス、中央アルプスが一望に出来るはず!
であったがガスで、遠くは霞んでよく見えない。



ギボウシ                      ミヤマシシウド   



マツムシソウ                      キリンソウ



                           ヤマハハコ

頂上には沢山の花が咲き乱れている。
さすが花の山として名高いだけある。
コーヒータイムの後、大阿原湿原に向かう事にする。




バイケイソウ               不明                ヤマホタルブクロ  

素敵な樹林帯の中を下っていくと30分ほどで大阿原湿原に着く。
残念な事に湿原の花の時期は終わってしまっていた。
ワタスゲの群落は跡形もなく消えていた。



ヤマオダマキ                       サワギク 



フランスギク ?                           !
葉っぱが...?                           !



イワアカバナ(左下)と思われる。               アサギマダラ       
柱頭がまんまるになっている。                              
大阿原湿原から、林道をマナスル山荘に向かって歩く。
この山には色々な登山道があるらしく、林道からの分岐が沢山あった。
ゆっくり山道を歩きたいが、今日は高松まで帰らないといけない。
1時間足らずで、駐車場に着き山荘のアイスクリームを味わう。
この山のすぐ北の高原の牧場では沢山の牛が放牧されていた。



イワオトギリ




ヤマブキソウ?                                !

入笠山からは、牧場の中を通り、ほとんど車の通らない林道を三和ダムにぬけると、
沢山の観光客が湖畔で遊んでいた。ここは昔伊那から諏訪に抜ける主要な街道であったらしい。
高遠町から諏訪市にでて、高速に乗りひたすら高松まで帰った。

 
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO